Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SEARCH

三女の誓い



また二人とも行ってしまった。

お父様とお母様が旅立つ前は決まってみんなで大騒ぎ。
明るく元気に振る舞うけれど、それは淋しさを隠す為。
だって、もうここにはアンジェラもジェニファーもステファニーもいないんだもの。




二人を乗せた馬車の扉が閉まる時、いつも同じ事を思う。
「ケネスはいいなー。だって男の子だもん。」と言った時のこと。

私だって、女の子らしく素敵な恋をして、結婚をして、愛する人の子どもを産んで、
子育てに奮闘しながら、幸せな家庭を築いていく。
今はそれも悪くないと思っているわ。

でもね、私は、私自身でファームを守りたいの。
私を育ててくれたこの場所と、一緒に働いてくれる人たちを。


でも…。
私、なんで男の子に生まれなかったんだろう…。



あぁーーー、もぅっ!!

どうにもできない事をウジウジ悩んでてもしょうがない。
今の私にできるのは、馬の買い付けを成功させる事!
そうよ、それしかないの!

Step by Step!
右足を出して、次に左足を出す。
ただそれだけ。
転んだって、泣いたって、
やめなければ、必ずゴールに辿り着くはずよ。


そうとなれば、ケネスを捕まえて、
馬を見極める極意をアダムさんから教えてもらわなくちゃ!
競りの特訓よっ!


見ていてね、お父様、お母様。
私、必ずやり遂げるから。
comments(0) | trackbacks(0)

初めてへの期待


ねぇ、プルシアン聞いて!

わたし、次の新馬の競りに参加することになったの!
ケネスと二人で!

ケネスってところがちょっと頼りなくて、
人選ミスのような気もするけど、
まぁ、いいわ!

いつもはお父様やアダムさんに「連れて行って」もらっていたけれど、
今回は「わたしが」行くのよ!すごいでしょう!
私にもファーム運営の大きな仕事がようやくまわってきたんだもの、
もぉ、やるしかないわ!!

ずっと農作業ばっかりで、そろそろ新しい事にチャレンジしたいと思ってたのよ。
しかも、お父様とお母様がファームにいる今こそ、
いいトコみせなきゃ!でしょ?
あなた達の娘はこんなに立派になったのよー!ってね。
ふふふ。

それに、この間またショーンがつっかかってきて大ゲンカ。
もぉ、ムカツクったらありゃしない。
ものすーーーーーっごい馬を競り落として、
ショーンに見せびらかしてやるの。
今度こそ、私の方がスゴイって認めさせてやるんだからっ。
絶対にいい馬をゲットしてみせるわ!


プルシアン、そっぽを向いてどうしたの?

ふふふ。
嫉妬してるの?

あなたが世界一の馬よ。
心配なんかしなくても大丈夫。
この毛並も賢さも、あなたにかなう馬なんていないわ。
小さな頃からずっと一緒だもの。
大好きよ、プルシアン。

わたし、ファームの為に頑張ってくるから、応援してよね。
comments(0) | trackbacks(0)

ただいま戻りました



ただいま〜。

ねぇ、みんな聞いて!!
リリィのパーティーとっても素敵だったのよっ!!
お土産もいっぱい買ってきたわよ〜!!


あっ、・・・、ジェニファー・・・、ご、ごきげんよう。
別に、自慢しているわけじゃないから、怒らないで聞いてちょうだいね?


入り口に着くと、一番にリリィが出迎えてくれたの。
エレイン先生に叩き込まれた挨拶、ちゃんとできたわよ♪
そしたらリリィに褒められちゃった。
ねっ?ケネス!!

お料理はファームとは違ってとってもお洒落な器に盛り付けられてるし、
デザートなんか、宝石箱みたいにキラキラしてたわ!

店内も落ち着いた内装に、
バレンタインのピンクのハートの飾りが印象的だったわね。

パーティーにはミックやミシェルも招待されてて、
久しぶりにゆっくりおしゃべりできたわ。
ミックとはデザートを一緒に選んだり、
パピヨンの館にしかけたいたずらの話を聞いていたの。
そしたらその話を聞きつけたアルマンが怒っちゃって、
ミックを連れてっちゃったのよ。
まだまだ話したい事いっぱいあったのに。

で、ケネスったらさっきまで隣でオロオロしてたかと思ったら、
私のエスコートなんてすっかり忘れて、
どこかのお嬢さんと肥料の話で盛り上がっちゃってさっ。
帰ってきたら、すぐにエレイン先生に告げ口してやろうと思ってたのよ!


あら、ナンシーただいまっ!!
ナンシーのお土産はっと・・・・。
何しかめっつらで黙ってるのよ?
はい、これ。・・・・?

えっと、・・・このドレスには深い訳があるの。
あんなに長いと重くて動きづらいでしょ?
お腹を締め付けられると素敵なお料理がたくさん食べられないし…。
走ってやぶく前に短く破いておいた方がいいかなって・・・。
大丈夫よ、お母様のアクセサリーは無事だもの!!
それにリリィだってこっちのが私に似合うって言ってくれたもの!!
次はこの短いデザインを参考にさせてもらうとまで言ってくれたのよ?!
ね、ケネス?
リリィがそう言ったわよね?
ね、ねっ?!

私、プルシアンにまだ会ってないから、
ケネス!!
パーティーの素晴らしさはあなたから皆に伝えてちょうだい。
じゃっ!!
comments(0) | trackbacks(0)

小さな後悔と淑女の決意



あぁ・・・、ドレスが苦しい。
そして、重い!重すぎるわ!!
丈も長すぎて、動きづらいし。
何よりプルシアンに乗れないじゃない。
だからゴテゴテしたドレスは嫌なのよ。
それに、毎日テーブルマナーに挨拶の練習。
その後はリードの苦手なケネスとのダンスレッスン。
私が男役やった方が早いんじゃないかしら?と、毎回思うわ。


あの日、ジェニファーがわんわん泣くもんだから、
つい「私が行ってあげる」なんて言っちゃって・・・。
今、ちょっと後悔してるの。
そう、慣れないドレスとレッスンの繰り返しに。

でも、そんな日々もあと少しで終わり。
パーティーさえ終われば、晴れて自由の身!!
あぁ、パーティーが終わるのが待ち遠しいわ♪


でも、パーティーではちゃんと頑張るつもりよ!
この前ショーンにドレス姿を見られて大笑いされたのよ?!
落馬のしすぎでおかしくなったんじゃないか?なんて。
落馬なんてしてないわよ!!!
ホント腹立つわ。

だから、私、パーティーではとびっきり素敵な淑女になるの。
やればできるってとこを見せてやるの!
ショーンにはもちろんのこと、
毎日笑顔で厳しいレッスンをするエレイン先生にも、
心配そうにしているアンジェラやナンシーにも。
それに、パパとママの顔に泥を塗るようなことはできないもの!!


さ〜てとっ。
一休みしたし、ケネスともう一度練習しましょう。
comments(0) | trackbacks(0)

On the hook




「なにっ?!今の悲鳴、なんなの?!
 ジェニファー?だいじょ・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 フッ… と、都会で流行ってるの?
 フフッ・・・それ・・・。
 …クククッ……。」


しばらく笑いをこらえていると、
おかしな前髪をしたジェニファーが駆け寄ってきて、
堰を切ったように喋り始めた。


「イメチェン」しようとして前髪を切っていたという事。
でも、ステフのいたずらで、前髪がこの有様になった事。
この前髪では一目に触れたくもないという事。
自分の代わりに、私にリリィのパーティーに出席してほしいという事。


「えっ、 えぇぇ?!
 私がパーティーに行くの?
 イヤよ!!パーティーなんて!!
 私そんな悪趣味・・豪華なドレスなんて持ってないわ!!
 いい加減、諦めなさいよ!!」


「何言ってンのよ!
 いつもこの素敵なドレスを届けてくれるのはリリィなのよっ!!
 リリィが招待してくれたのに、断るわけにはいかないじゃないっ!
 それにドレスだって、もう、頼んじゃったし!
 本当だったら、私が・・・グスッ・・・
 ドレスを着こなして・・・都会の グスッ
 パ・・・パーティーに・・・・・ウワァァァァン」


もぉ・・・。
泣き出したジェニファーは手がつけられないわ。

しょうがないわね。


「わかったわ、今回だけよ。
 だからもう泣かないで、ジェニファー。
 髪が伸びるまでのあいだ、
 あなたの持っている素敵な帽子で隠しておけばいいじゃない。
 ねっ?」


ジェニファーをなだめて、部屋をあとにした。


ジェニファーの涙に負けて安請け合いしちゃったけど、
大丈夫かしら・・・。


しかも確かあのパーティーのチケットって、2枚届いていたし・・・
エスコート役も必要よね。

マーティンはずっとジェニファーに自分をってアピールしてたけど
マーティンだけは絶対に イヤ!
ウェインとキースは身長が足りなくて見栄えが悪いわ。
リックはオドオドしていて、出来れば連れて歩きたくなんてないし
ダメ ダメ。
ショーンなんて、問題外よ!!絶対イヤ!!ありえないわ!!


消去法でいくと、ケネスか・・・。


まぁ、ケネスなら身長もあるし、
口をキチンと閉じさせて喋らなければ
田舎者だなんて、別にバレないわよね?

でも、ケネスって作業着以外の洋服持ってるのかしら?


まっ、そんなことはどうでもいいわ。

プルシアンに餌をあげに行くついでに
ケネスに相談ね!!
comments(0) | trackbacks(0)

来年に思いをはせて・・・



はぁ・・・。

今年も時間が過ぎるのが早かったわ。

あれもこれも、やりたい事はまだまだいっぱいあるのに!!

どうして1日24時間なのかしら?

短すぎるっ!

30時間くらいに増やしてくれたって、

別に罰は当たらないと思わない?




今年最後の日だから、今年の出来事に思いをはせるのもいいけど、

私は来年の事を考える事にしたの。


来年はね、絶対にロデオ大会で優勝するの!

大会の次の日からケネスに手伝ってもらって、

毎日練習してるんだから、きっと大丈夫♪

今度こそ、ショーンをケチョンケチョンにしてやるんだから、フンッ!!!



あとは、農園のお手伝い。

勝手にやっても、どうせ皆に「なにをやっているんですか、お嬢様!!!」

って怒られるだけだから、

どうして私が手伝いをしたいのか、

ちゃんと説明して、皆に理解してもらうの。

そうしたらもう怒られないでしょ?


せっかく「働く」のに、怒られながらやるのは変だもの。

気持ちよくできないと、意味がないものね。

でも、どうやって皆を説得しようかしら。

これが一番難しいのよ・・・。

まっ、これは明日になってから考えればいいわ。


来年もいい年になりますように・・・。
comments(0) | trackbacks(0)

三女の悩み



はぁ・・・・。
ねぇ、プルシアン。
マルベリーのみんな相変わらずのんきでいいわね・・・。

キースは仕事をサボりまくってるし、
マーティンはジェニファーと名づけた動物達を追い掛け回し、
メイド達は楽しそうに洗濯やおやつ作り。

ホント・・・そのノー天気さが羨ましいわ。


え?私も遊んでるだけですって?!
まぁ、確かに暇さえあればプルシアンに乗ってるけど・・・。
でも、私だっていろいろ考えて、いろいろ悩んでるのよ?



パパとママが帰ってくるといつも思うの。
なんで私男の子じゃなかったのかしら?って・・・。
うちは4姉妹で男の子がいないの。
つまり、ファームの跡継ぎ問題よ!
もし私が男の子だったら、
そこそこ勉強だってできるし、運動神経も抜群!
今よりもう少し身長があれば見た目だって誰にも負けないわ。
動物の扱いも上手だしね。
ファームにとっては、もう言うことナシのイイ男でしょ?


私がファームのお手伝いをしたいって言ってるのも、
ただプルシアンと一緒にいたいからじゃないのよ。
将来の事も考えて、ファームの仕事を今のうちから学んで、
いつか私がここを継ぐ時に困らないようにって思ってやってるの!!
いざその時がやってきて、何もできないなんて恥かしいじゃない!!
アンジェラ、ジェニファー、ステフになんか絶対任せられないもの!!


なのに皆ときたら、ファームのお手伝いに大反対。
もぉ〜!!分かってないわっ!!

私の想い、いつになったら皆に伝わるのかしら?
はぁ〜・・・。


そろそろ戻らないと、エレイン先生がまたうるさいわ。
じゃぁ、また後でね。
いい子にしてるのよ、プルシアン♪
comments(0) | trackbacks(0)

レッスン



エレイン先生のレッスン、早く終わらないかしら。

実はもぉ、飽きちゃったのよね。

パパとママがいるから、最近ステフがいい子ぶってサボらないもんだから、

私も一緒に毎日レッスンを受けなきゃいけないはめに。

もう、テーブルマナーなんて、どうだっていいじゃない!

目の前のホットドッグは、かぶりついた方が絶対おいしいわ!!

ごはんは自分の好きなやり方で食べるのが一番おいしいんだから。



前はレッスンをサボって、一日中プルシアンと一緒にいられたのにな〜。

プルシアンは今何をしてるのかしら?




あぁ、なんだかキッチンからいい匂いがしてきたわ♪

そういえば今日の朝、ナンシーが「おやつお楽しみに!」

なんて言っていたけど、何かしら?

もしかして、この前とれたクランベリーを使ったパイ???

それとも、ジャムを煮詰めてるのかしら?


ますます、レッスンに集中できなくなってきたわ・・・。


ねぇ、エレイン先生!!

今日はこのへんで終わりにしない?
comments(0) | trackbacks(0)

プルシアン



今日もとてもいい天気ね!!

早起きしてよかったわ〜。
暑くならないうちにプルシアンに乗りに行こーっと。

プルシアンったらね、私が馬屋へ会いに行くと、
いつもしっぽブンブン振って喜ぶのよ!
まるで犬みたいで可愛いでしょ?
私が毎日お手入れをしてあげているから、
毛並みもさわり心地も抜群!!
顔立ちだって私に似てとってもスマートなの。
品評会に出したら1番間違いなしね!

そうそう、この前プルシアンとずっと一緒にいたいから、馬屋で寝ようと思ったの。
そしたら、あの3人のうるさいこと。。。
しばらくするとアダムとケネスがやってきて、無理矢理部屋に連れ戻されたわ。
もぉ、なんでみんなプルシアンの可愛さが分からないのかしら?




あぁ、おはようケネス♪

ちょっと!!
またプルシアンがいないんだけど、どーゆーこと?!
ショーンに貸すなって言ってるでしょ?
プルシアンは私の大事な友達なのよ!!
何度言ったら分かるの?!
もぉ・・・。


探してくるから、別の馬貸して!!
次ショーンに貸したらパパに言いつけるからっ!
comments(0) | trackbacks(0)

パパ、ママ!!聞いて!!


ねぇ、パパ、ママ、ビッグニュースがあるの!
この間のロデオ大会、私2位だったの!!


本当はあの生意気なショーンを倒して私が優勝するはずだったんだけど・・・。
今年はしょうがないから譲ってあげただけよ。
だって、初登場の女の子がいきなり優勝しちゃったら、
なんだかショーンが可愛そうでしょ?


あぁ、でもでも、悔しいわっ!!


ねぇ、来年はパパもママも見に来てくれる?
もしパパとママが応援に来てくれたら、
私ゼッタイ優勝できると思うの!!
大会が終わった次の日から、ケネスと一緒にもう練習始めてるんだから♪
約束よ、絶対来年は応援にきてね。


それからね、・・・


ちょ、ちょっとステフ!!
まだ私の話が終わってないのに入ってこないでよーーー。
もぉー、ステフってば一番年下だからって、すぐ甘えてに割り込んでくるんだから・・・。




そういえば、この前ジェニファーがパパとママは貴族じゃないか?なんて言ってたけど、
そんなはずないわよ。
だって、私たちはこんな自然いっぱいののどかな田舎に住んでるんだし。
それに、パパとママが貴族なら、私も貴族じゃない?
そうなったら、ジェニファーみたいな変なドレス着なくちゃいけないし、
もうプルシアンに乗れないじゃない?!
そんなのまっぴらだわっ!!


だから、パパとママは貴族なんかじゃないんだからねっ!!
comments(0) | trackbacks(0)