Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SEARCH

教育者としての道



ウェンディお嬢様と、ケネスさんから
リリィ・テイラーのパーティーの話を聞きました。

失敗せずに出来たのかしら?
私のレッスンは役にたったのかしら?

でも、そんなに心配することは無かったようですね。

二人とも目をキラキラさせて
嬉しそうにその感想を話すものだから…
思わず私も頬が緩んでしまいました。
お二人が楽しめたのなら、それが一番。

今回の経験が、お二人の世界を広げる物であったのなら
それは何より――

ああ、そうでした。
リリィさんに手紙を書くようにと
あとでウェンディお嬢様に言っておかなくては。
破いてしまったドレスのお詫びを書き添えて。ね…


生徒が成長していく姿を見ることは
教育者としての何よりの喜びです。

ふと、先日受け取った、ヘースティングスからの手紙を思い出しました。
確か…6月の新学期から来て欲しいと書かれていました。
私もあの学園を離れて久しいし、
復帰までに色々準備をしておかなくてはいけないわね。
それには、一度実家へ戻らなくては。

ここでの生活は、とても楽しかったですわ。
お嬢様方になかなかレッスンを受けてもらえなかったこと。
セルマさんに叱られたこと。
いつも明るくて元気で、大らかで優しい皆さんに励まされたこと。
どれも良い思い出です。

ここを離れるのは少し寂しいですけれど、
美しい景色と、美味しい空気と水と、
ナンシーさんのお料理が恋しくなったら
また遊びにきますわ。
もちろん、お嬢様方の成長も楽しみにしていますよ。
comments(0) | trackbacks(0)

心残りのないように



先日、リリィ・テイラーからドレスが届きました。
早速ウェンディお嬢様にドレスを着せて練習を。
とてもよくお似合いですわ。
華やかで豪華なのに、とても上品なのは、この色合いのせいかしら。
本当にリリィさんのドレスはいつ見ても素敵ね。
せっかくのドレスですから、しっかり着こなしていただかないと。

歩くときの姿勢は…
立ち姿が美しく見えるコツは…
それから…
あぁ!どうしましょう。
何だか私のほうが緊張してしまうわ。

ウェンディお嬢様。
挨拶の練習は、大丈夫ですか?
毅然と胸を張って、自信を持って望めば大丈夫。
ラングフォード家のお嬢様として誇りを忘れずに。
立派に務めを果たして来て下さいね。



キングス・カレッジ・オブ・ヘースティングスより
私宛に一通の手紙が届きました。
学園長、ミスター・エリスンよりのご依頼。
教師の一人が急病のため、教鞭をとれなくなった旨。
そして、私に戻ってきて欲しいとのこと。

あの学園を離れて久しいけれど、
学生達は皆元気にしているかしら?
懐かしいわ…

旦那様と奥様にご相談しなくてはならないけれど、
ウェンディお嬢様が立派に社交界デビューを果たす今なら
私も安心して戻れる気がします。

心残りがないよう、しっかりとレッスン致しましょう。
comments(0) | trackbacks(0)

新しい生徒




比較的温暖なマルベリー・ファームですが、今朝は随分冷え込みましたね。
日が昇って、少し暖かくなったので、散歩へと出掛けてみました。

すると、畑の向こうから
ケネスさんが慌てた様子でやってきました。

ステファニーお嬢様に何かあったのかしら?



ケネスさん、どうかしましたか?
「先生、それがもう…大変なんですよ」
何が大変なのか、落ち着いて話してくださる?
「オラが…オラが都会へ……リリィのパーティーへ…」

まぁ!リリィ・テイラーのバレンタインパーティーへ招待されたの!?
それは素敵ね。
私も行ってみたいものだわ。

…え?ウェンディお嬢様のエスコート役…ですって?
そう…そうでしたの。
そういうことでしたら私に任せて。
ケネスさんも、ウェンディお嬢様も、
お二人にはばっちりテーブルマナーや作法をお勉強してもらいますからね。

そうとなったら…
まずはウェンディお嬢様を探すのを手伝ってくださいね、ケネスさん。
comments(0) | trackbacks(0)

憧れと現実



ジェニファーお嬢様がドレスを新調されるからと
採寸にいらしてくださった、リリィ・テイラーのスタッフさん。
どんなドレスが出来るのでしょう。
本当に楽しみですね。

2月14日に開かれる、リリィ・テイラーのバレンタインパーティー。
お店の一周年のお祝いも兼ねているのだとか。
若くして、ご自分のお店を持つという夢を叶えられたリリィさん。
その才能と技術には感服しますわ。

ドレスを着て、パーティーにエスコートされる…
私には夢のようなお話ですわ。
正直、お嬢様が羨ましい……

あら。いけない…
私には私のやるべきことがあるはず。


――さぁ、ジェニファーお嬢様。
パーティーまで残されたお時間は短いですよ。
もう一度マナーのおさらいをしましょうね。
comments(0) | trackbacks(0)

Cupid



クリスマスが近くなり、お屋敷は少しなごやかなムードになっています。


あら?
ステファニーお嬢様、何を描いているんですか?

―たくさんの星と、羽根の生えた裸の赤ちゃん...

まぁ、天使様ですか?


ステファニーお嬢様にとっての天使様は
愛らしい姿のイメージなんですね。


でも実は、聖書の中に出てくる天使様は
成人男子の姿をしているんですよ。

空を飛ぶことができる、という記述から
背中に羽根がついているかのように描かれることがありますが、
翼があると明記されているわけではないんです。


私は、むしろ無いのでは...と思うのですが...


だって、天使様とマリア様の会話―
あの、有名な受胎告知のシーンでは、

「おめでとう、恵まれた方。
 主があなたとともにおられます。」

という天使のあいさつに、マリア様は
まずそのあいさつの意味がわからず
その場でしばらく考え込んだというのですから。


もし背中に羽根の生えた人間が訪問してきたら...

あいさつどころではありませんよね?


でも、羽根の生えた裸の赤ちゃんは
ローマ神話のキューピッド。

愛の神様なんです。


ご家族や、使用人たちの愛に囲まれたステファニーお嬢様には
ぴったりのラッキーモチーフだと思いますよ!
comments(0) | trackbacks(0)

心配事



最近お嬢様方がご両親のことを
ずっと気にされているのを感じます。

ファームの様子を見に行こうとする旦那様に
「何処へ行くの?」
と聞いたり…

ただの散歩だというのに
「私も行くわ」
と付いていったり…

お二人がお帰りになられてから日が経つにつれ、
次はいつ旅立たれるのかと不安になってきたのでしょう。

そのお気持ちはよく分かります。
だから今は
ご両親と一緒に過ごせる時間を大切にしてください。

お嬢様方の寂しそうな顔は見たくありませんものね。
comments(0) | trackbacks(0)

暦はただの目安なんですよ



また、ステファニーお嬢様から質問を受けました。

ステファニーお嬢様はとても自由奔放で、
なかなかじっとしていられないのが困りものですけれど…

実は頭の回転がよくて
興味を持ったことはとことん追求する、
勉強熱心な方だということは存じております。

もっと色々なことに興味をもってほしいわ。


――『秋』っていつ来るの??
   いつまでが『夏』でいつからが『秋』なの!?


テキスト通りに答えるならば…

暦の上では9月から11月までが『秋』と呼ばれますね。
9月第一週のレイバーデー(労働者の日)週末から始まり、
11月末のサンクスギビングデー(感謝祭)ホリデーまでが秋です。

…でも、こんな答えでは、
きっとまたステファニーお嬢様に「つまらない」と言われてしまいそうね。


先日、カボチャの収穫が終わったみたいですね。
ジャガイモやトウモロコシも。
夏に育つ野菜の収穫が終わったということは、
そろそろ夏が終わるということ。

アダムさんやケネスさんに聞いてみるといいと思うわ。
今度収穫する野菜は何?
次は何の種を蒔くの?
といった風に。

インゲン豆の収穫は秋ではなかったかしら。
秋に蒔いて冬に収穫する野菜といえば…
たしかニンジンや赤カブではなかったかしら。


あらあら…
私ったらいつの間にこんなにお野菜に詳しくなったのかしら。
ここでの生活に慣れてきたということかしらね。
ふふ…こういうのも、楽しいわね。
comments(0) | trackbacks(0)

穏やかな日々



ご夫妻がファームへ戻られてからの毎日は
いつも以上に賑やかです。

お嬢様方はご両親との久しぶりの会話を楽しみ…
農場長アダムさんの笑い声はひときわ大きく…
ナンシーさん、セルマさん、サンディさんは、
活気のあるファームに、いつも以上に忙しそうだけれど、
そのたくさんの仕事をいつも楽しそうにこなしています。

最近は、ウェンディお嬢様とステファニーお嬢様が
レッスンをさぼることも少なくなりました。
…お天気の良い日には要注意ですけれど。

先日は勉強熱心なアンジェラお嬢様と一緒に本を読みました。
旦那様がお土産に持っていらした、たくさんの本。
どれもお嬢様方に読んでもらいたいものばかりでしたわ。

ジェニファーお嬢様は、レディの心得について奥様に色々と質問をされていました。
優雅で気品あふれる、まさにレディのお手本のような奥様。
私も、あの方の気品には憧れますもの。



この穏やかな日々がずっと続けばいいのに――

でも…約半年間は伯爵としてのお仕事をするお約束なのですものね。
ご夫妻がお留守の間は
アダムさんがファームの管理を、
私にはお嬢様方の教育を任されています。

ご夫妻の期待にお応えできるよう、精一杯勤めさせていただきます。

伯爵家の御当主としても
農場主としても
お嬢様方のご両親としても
素晴らしいお二人にお会いして、
改めて強く誓いました。

さぁ、今日も頑張りましょう。
comments(0) | trackbacks(0)

質問



「ねーねーっ エレイン先生。
 ステフ、質問があるのーっ」

鼻歌交じりにやってきて、私の顔を見るなり
「あっ。エレイン先生、はっけーん!」
と、走り寄ってきたステファニーお嬢様。
突然そんなことを言われて、即座に反応できませんでした。


…え?
ステファニーお嬢様が、私に質問…?

まぁ!なんて嬉しいことでしょう。
お嬢様方の教育係を仰せつかってからというもの、
私のレッスンを、まともに、最後まで受けたことのない
ステファニーお嬢様から、よもや『質問』という言葉を聞けるなんて…!
とうとう私の努力が実を結んだのね!

良いですわ。
私に分かることでしたら、何でもお答えしましょう。


「あのね。ステフ、こんな写真を見つけたの」


まぁ。随分と古い写真ですね。

写っているのは、ショーンさんのお母様と、旦那様ではありませんか?
どこか面影がありますし、お名前も書かれてますし。

こっちは、奥様と――
そうですね。奥様のご兄弟でしょうか。
私は面識のない方ばかりなので、お名前などは分かりませんが…
ミック坊ちゃまに似てらっしゃるこの方は、
多分、お嬢様にとっては伯父様に当たる方ではないですか?


えっ?昔の旦那様とショーンさんがそっくりなのは何故か?って…
だって、お二人は姉弟ですもの。
旦那様の甥であるショーンさんが似ていてもおかしくないですわ。

「えーっ!!」

ちょっと…!
ステファニーお嬢様、どこへ行くんですか―――?
comments(0) | trackbacks(0)

dream of・・・



このスウィート・マルベリー・ファームは、
ラングフォード伯爵家ご当主、アルフレッド様と
その奥様マーガレット様、
お二人が作られた農場です。

お二人には半年程前にお会いしたきりですが、
その時アルフレッド様から、少しだけお話を伺いました。

このファームは、ずっと自分が夢に描いていたものだ、と…
それはそれは、ずっと昔から。

伯爵家のご当主という立場の傍らで
このような広大なファームを作るのは
とても骨の折れることだったでしょう。

それを実現させてみせたアルフレッド様の情熱には
頭が下がる思いです。
そして、それをずっと支えてきたマーガレット様も。

私も見習わなくては。
雨が降っても外へ出掛けようとするお嬢様方に
手を焼いている場合じゃないわ…!



え…?
ご夫妻がファームへ半年振りにお戻りになる…ですって?

まぁ…大変!
私ったら、予定の半分もレッスンが進んでないのに…
こうしてはいられないわ。
お嬢様方を探さなくては…!
comments(0) | trackbacks(0)