Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH
<< 華やかに・・・ | main | 傷心旅行 >>

心残りのないように



先日、リリィ・テイラーからドレスが届きました。
早速ウェンディお嬢様にドレスを着せて練習を。
とてもよくお似合いですわ。
華やかで豪華なのに、とても上品なのは、この色合いのせいかしら。
本当にリリィさんのドレスはいつ見ても素敵ね。
せっかくのドレスですから、しっかり着こなしていただかないと。

歩くときの姿勢は…
立ち姿が美しく見えるコツは…
それから…
あぁ!どうしましょう。
何だか私のほうが緊張してしまうわ。

ウェンディお嬢様。
挨拶の練習は、大丈夫ですか?
毅然と胸を張って、自信を持って望めば大丈夫。
ラングフォード家のお嬢様として誇りを忘れずに。
立派に務めを果たして来て下さいね。



キングス・カレッジ・オブ・ヘースティングスより
私宛に一通の手紙が届きました。
学園長、ミスター・エリスンよりのご依頼。
教師の一人が急病のため、教鞭をとれなくなった旨。
そして、私に戻ってきて欲しいとのこと。

あの学園を離れて久しいけれど、
学生達は皆元気にしているかしら?
懐かしいわ…

旦那様と奥様にご相談しなくてはならないけれど、
ウェンディお嬢様が立派に社交界デビューを果たす今なら
私も安心して戻れる気がします。

心残りがないよう、しっかりとレッスン致しましょう。
comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック