Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH
<< ただいま戻りました | main | sense >>

都会も怖いけれど



じゃっ!!

って、ちょっとウエンディお嬢さん?
やれやれ・・一目散にプルシアンの所に行ってしまったよ。

そ、それではオラからも話しますねパーティでのことを。


いやぁ〜とにかくですね何もかもが凄かったんですよ!
都会でのパーティって所はオラなんかの想像を遥かに超えていて・・
店内はどこもかしこも本当に何というかピカピカな感じで
料理も見たことも食べたこともない珍しいものばかりだったんですよ!

それに皆さんが着ている服装なんか、ツギハギなんて一切ない綺麗な格好でしてね。
デザイナーであるリリィお嬢さんは勿論のこと、招待された他のお客さんの服装もピシッとした感じだったり華やかな感じだったりで 店員さんが着ていた仕事着だって、グリーンを基調に綺麗に統一されてましたよ。

それとそれと、次期店長さんと言っていた方の髪型が凄くてですね!

こ〜んな感じで持ち上がっていて・・

アレが都会では流行ってるんですかね〜。
・・オラも真似してみようかな?

なんて!皆さん服も髪型も見事でしたけど、農業には向かない格好ですね〜。

ハハハ

って・・え?

そんなことよりも?
ウエンディお嬢さんのドレスの件ですか?
しっかり見張ってなかったのか?って・・

い、いやぁ〜
そ、それは先ほどお嬢さんの口から説明があった通りでして・・
オ、オラはその・・・

(あぁ、ジェニファーお嬢さんとナンシーさんの視線が痛い!)


ああ!そうそう肝心な話がまだでしたね!
ウェンディお嬢さんの社交場デビューの話!

皆さんの前で立派に挨拶されたお姿は実に堂々としていて、御見事でしたよ!
初対面の方に、お声をかける時だって、堂々としすぎてる位に立派な淑女として・・

ああ!ミシェルお嬢さんとミック坊ちゃんとは楽しそうにお話されてましたよ!
お二人共お元気そうでした。
それから・・

え?
それはまた後で聞くとして・・
オラはしっかりエスコートできたのかって?

あ、いや・・あの・・

す、すみません

(あぁ、エレイン先生の視線が痛い!)

そ、そうだ!
アダムさん聞いて下さいよ。
ロワイヤル社の高級肥料クイーン・ハーベスト!
遠い異国の地でも使っている方がいたんですよ。

エグレッタ・サクラって所で庭師されているお嬢さんだったんですけどね。
いやぁ〜思わず熱く語り合ってしまって・・

なんか、庭の薔薇を一夜で桃色から青色に変えたでし!とかなんとか不思議なことを言っていた気もしますけど・・
まぁ、それはそれとして見事な薔薇園のようで。

クイーン・ハーベスト。
まだまだ奥が深そうですよ!


あとは・・

そうそう、もう一つ聞いて下さい。
見てくださいよ!
オラのズボンの後ろ!
いつの間にかカエルのアップリケがくっ付いてたんですよ〜
誰の仕業かすぐに見当はついたんですけどね
酷いですよ〜
他のお客さんに言われるまで気がつかなかったオラもオラですけど!!
せっかく自信のある服だったのに!!

(ファションセンス、ゼロでしねって言われたけれど・・)

あれ?さっきまでそこに居た筈のステファニーお嬢さんが居なくなってますね・・

さっそく、かくれんぼか?さすがに今回の悪戯には一言は言っておかないとな・・

それじゃあ〜オラちょっとステファニーお嬢さん探してきます!
詳しい土産話はまた夜にでも。

あ〜最後に忘れるところだった
そこに沢山、積まれているお土産はジェニファーお嬢さんには特別ということで。
この帽子なんかは深くかぶるとオシャレな感じになるらしく・・・・


ええ!な、なんで睨んでるんですか??


そ、それではオラはこれで・・

し、失礼しま〜す!!!
comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック