Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH
<< 案ずるより、生むが易し でしょ♪ | main | あ〜〜〜恋がしたい!!! >>

それぞれの道




僕より一足先に農場を去ったウェインさん。


最後にボクに残したあの言葉は・・

いつもの意地悪だったのだろうか?
それとも・・


フッと笑ったウェインさんは、なんだか、僕がずっと隠してきた気持ちをまるで全部見透かしてるみたいだった。



・・僕もいよいよあと数日で、

ここ スウィートマルベリーを去る

・・
・・

・・うん、伝えなくっちゃ。




部屋にのこる荷物をかばんに詰めながら考える。

いつ伝えよう?

なんて伝えよう?

冗談だと思われないかなァ

そうだ、どこで・・

「リック?」



・・!!!!うわぁ!!


ギュウギュウと荷物を詰め込んでいた僕の前に現れた
2本のながい三つ編み。

セルマさん!



「荷物のしたくはどう?大変だったら、いつでも声をかけてね。
 農場での最後の作業もあるし、大変でしょう?アダムさんが”最後の仕上げじゃ!”ってハリキってたわ!」



不意の時機に心臓が飛び出しそうになった。

今は無理だ、なにか適当に話をしなくっちゃ、

と思った僕の頭にウェインさんの言葉が蘇る。



・・今日は二度とこないんだ。





いつまでも大事なことを言えないような僕じゃ・・ダメなんだ・・ッ!





「セルマさん!


 セルマさんの夢って、なんですか?

 ボクは・・僕の夢は、ここでの経験を大切に活かして・・・・実家の農園を立派に継いでいきたいんです!
 それには、僕の力だけじゃ無理かもしれないけど・・

 ここにいる間、みんなが僕を支えてくれたみたいに・・

 大切な人が近くで支えてくれたら・・・・

 だから、セルマさん・・!僕と・・ッ




一歩前に出ようとした足が荷物にぶつかった。

「リック」

続きを口にしようとした僕より先に、セルマさんの口が開いた




「リックも・・いつの間にか、立派な一人前の農夫さんなのね。いつもちょっと頼りなくて、つい目が離せなくて、今日も心配で・・だから今日もここに来たの。

 だけど、もう安心みたいね。


 リック、わたしの夢もあなたと同じよ。

 このマルベリー・ファームを守っていくこと。
 旦那様と奥様の不在が多い中で、お屋敷の仕事や、お嬢様たちのお世話をシッカリとしていくこと・・。リックみたいに、一生懸命働くみんなを、支えていきたい。
 
 わたしはファームを一生離れないつもりよ。
 だからリック・・お互いの場所で、これからもずっと頑張りましょうね!」



僕と、同じ・・

・・

・・


アハハ!セルマさん、ありがとうございます・・!




ギュッと握手したセルマさんの両手は、温かくて 意外と力強かった。







comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック