Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH
<< 幸せのじかん。 | main | プルシアン >>

そよ風



爽やかな風が吹き、部屋のカーテンを揺らしました。
窓際で本を読んでいた私の頬に優しく触れて・・・

あら、いやだ。
うたた寝をしてしまったわ。

朝の涼しい時間に…と本を読んでいたのでした。

お父様からお土産にと頂いた本はどれも貴重なもので
とてもいい勉強になります。

内容が少し難しい時には、エレイン先生に伺えばいいし、
ゆっくりと本を読むことはとても大好きです。

ふぁ〜〜

うたた寝をしていたせいか体が強張ったみたいだわ。

大きく伸びをした拍子に膝にかけていた綺麗な織りのストールがするりと落ちました。

お母さまからの大切な頂き物。
上質なシルクで出来ているので扱いにも気をつけなければ・・

汚れてしまうと慌ててストールを拾い上げた私の足元に・・・
緑色の小さな生き物が。

あら、ステファニーのお友達かしら?

ねぇ、貴方。どこから入ったのかしら?
そんなところにいると干からびちゃうわよ。

私もしっかりファームで育った娘ですから、
生き物や昆虫などはそんなに苦手な方ではありません。

そっとステファニーのお友達を手に乗せて窓際へ

雨がやんだから貴方もいる場所がないのかしらね・・・

せめてもと日影の葉の上に水をたらして…


また気持ちのよい風が吹きました。
窓から外を見ると・・・

あらあら、あんな所にウェンディが。

午前中の授業はしっかり受けたのかしら?


そうだわ、お父様から頂いた本の中にウェンディが好みそうな冒険家のお話があったわ!
お勉強の嫌いなウェンディでもきっと気に入るでしょう!

お昼のときにでも渡してあげましょう。
comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック