Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH
<< 少し早い秋の収穫 | main | レッスン >>

四葉のクローバー



あつい・・・・・・・


もうどこにも動く気力もなくて
窓から農場のほうへ目をやると、

小やぎの追突を受けているマーティンが・・・


かなりの勢いで追突されたように見えるのに、
満面の笑みで おかしな身ぶり手ぶりをしながらまた走っていく。


まったく何を考えているのかしら
理解できないわ。



昨日も
こっちはこの暑さと、ドレスの重みでヘタヘタだってのに
土のにおいをプンプンさせて
泥まみれの手で愛を囁いてきたのよ?!!


あ〜〜〜っっっ!
思い出しただけで悪寒がするわっ!

いくら暑いとは言え、こんな寒気はいらないのよっっ!!!


四葉のクローバーを持ってきたのは、
すこし 誉めてあげてもいいでしょう。

でも、土の着いた作業服で告白しに来るだなんて・・・!


これだから田舎モノはイヤなのよっっ!!!



でも

四葉のクローバーなんてたしかに珍しいわね。



サンディに水の入ったグラスを持ってきてもらい
日差しのつよくない 窓のカーテン際に置く。


秘密の願いごと。



かっ 勘違いしないでよ!!


マーティン、あなたなんかのことじゃないんだからね!!!
comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック