Sweet Mulberry Farm Diary
スウィート・マルベリー・ファームでおこる出来事
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH
<< 天候、そして季節 | main | awakening >>

宿命



今日も緑が眩しく日光を反射し、視界を輝かす
そんな中、空中には羽根が舞い散り
フワフワキラキラと幻想的な風景を造り出していた

舞い散る羽根の持ち主かのように
その中心へ神々しく降り立った 美貌の天使が――――


僕ッ!!

もちろん僕ッ!!

ああぁぁぁ〜!!

今日の僕もなんて美し―――ッぶ!!


いつものように自分の美しさを再確認し、うっとりしていたら
頭の上にニワトリが乗ってきた

追いかけ始めてから、もうかれこれ1時間程経つだろうか
そう、僕は今、脱走したニワトリを捕獲しようとしている所だ

頭に乗ったニワトリに、やっと確保出来たかと思いきや
一鳴きしたニワトリはまた勢い良く走り出す


「くそ!ヒヨコの頃の恩を忘れたのかー!」


卵が孵る際、うっかり居合わせて擦り込みしてしまい
ヒヨコだった頃は、ずっと僕の後をついてきていたコイツ

ジェニファーにも「ふん、お似合いね」なんて笑われて‥‥

あの頃を思い出して少しホンワカしていたら
疾走したニワトリが農場の袋小路へ入っていくのが見えた

逃げ場を失い、牧場の柵の角でうずくまっている

「フフ‥‥、ジェニファーを追いかけ続けてついた
 僕のスタミナを舐めるなよ!!」

勝ち誇りながら襲い掛かったのだが
脚力で飛んだ足に顔を蹴られ、後ろに回られる

当分終わりそうの無いこの追いかけっこが
自分の宿命を暗示している様な気がして、一瞬項垂れたが‥‥



いいやッ!!

僕は絶対に掴まえてみせるよ!!

ジェニファァーーーーッ!!!!



叫びながら、僕はまた走り出した
- | -